美白化粧品を選ぶときは美白成分を必ずチェックすること!

美白化粧品ってどうやって選んでますか?有名ブランドのもの、CMでやっているもの、化粧品に詳しい友人知人に聞いて、@COSMEの美白化粧品ランキングや比較サイトを見て、などいろいろあると思いますが、どれもイメージや個人的な感想が基準になっているんじゃないかと思います。

別にそれでもいいんですが、美白効果を本当に実感できるものを選ぶのなら美白成分にきちんと注目して選ぶべきだと思います。

美白成分というのは簡単にいうと、紫外線を浴びると肌の中でつくられるメラニンの生成を抑制してくれる効果のある有効成分のことです。この美白成分ですが、たくさんの種類があり、それぞれシミの生成過程に働きかける作用がありますが、その内容はちょっとずつ違うんです。

だから人によって効果がでたり、でなかったりということもありますし、ほとんどの場合、美白成分は医薬部外品になっていますが、日焼けによるシミやソバカスを防いでくれるという強力な効果の反面、刺激も強いという問題もあります。

ようするに美白成分には相性があるということなんです。一般的には迷ったら医薬部外品の美白成分を選ぶといいといわれますが、必ずしも医薬部外品のほうが効くということではありませんし、肌タイプによっては医薬部外品ではないもののほうが肌との相性がいいということもありえます。

他の化粧品と同じように美白化粧品も使ってみないとわからないのはこうした美白成分との相性があるからです。

主な美白成分(医薬部外品とそれ以外)

最初にいっておきますが、どの美白成分が一番効くか?という質問はナンセンスです。使う人との相性もあるからです。また、シミのタイプ(紫外線によるシミと肝斑)などでも効き目のある美白成分は違いますから、一番を決めるというのはできないんです。

一応、参考になる基準としては医薬部外品かどうか?というものがあります。

医薬部外品とは化粧品と医薬品の中間に位置づけられるもので、厚生労働省が有効性を認めた成分を配合したものです。「日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ」という効能の表示が認められており、使うほうとしては安心感があります。

<医薬部外品に使われている主な美白成分>

アルブチン、エラグ酸、ルシノール、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、
カモミラET、トラネキサム酸、リノール酸、マグノリグナン、エナジーシグナルAMP、
アクチルP、TXC(トラネキサム酸セチル塩酸塩)、d-メラノ、ロドデノール、
コウジ酸、4MSK、L-システイン

<それ以外の主な美白成分>

油溶性甘草エキス、ハイドロキノン、ルミキシル

美白成分は毎年のように開発されていますし、他にもさまざまなあると思いますが当サイトで紹介する美白成分を分類するとだいたい以上のとおりです。肌にあうかどうかは実際使ってみて心地よい後肌になるとか、使った翌朝の肌のキメがいいとか顔色が明るくなったとかでだいたいわかると思います。

効果については1か月、あるいは美白化粧品を1本使ってみて、シミやくすみがどう改善されたかで判断するのがおすすめです。

【美白成分一覧について】
肌は紫外線を浴びるとメラニンを作れという指令がメラノサイトに下り、メラノサイトがメラニンを生成して、まわりの細胞に受け渡します。その結果、肌が黒くなるわけです。若い肌であれば肌が黒くなっても時間が経つにつれて肌のターンオーバーで皮膚が入れ替わっていくのでメラニンも排出されるのですが、30代をすぎるとこの排出がうまくいかなくなります。また、紫外線はメラニンをつくるきっかけになるだけでなく、DNAを傷つけて肌の構造そのものを変性させてしまうのでこれもまた加齢によってシミが出てきてしまう理由になります。 いずれにせよ美白成分というのは、「メラニンを作れという指令を妨害する」「メラノサイトがメラニンを生成するのを抑制する」「メラニンが細胞に受け渡されるのを邪魔する」といういずれかの働きをしてシミを防いでくれます。

Copyright © 2013 美白成分一覧~日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ!· All Rights Reserved·