トップページ > 美白成分一覧 >  4MSK

4MSK

4MSKというのは、「4-メトキシサリチル酸カリウム塩」の略称。ケミカルピーリングにも使用される角質溶解剤の「サリチル酸」の浸透性と持続性をより高めたサリチル酸誘導体です。

資生堂にとってはβ-アルブチン、m-トラネキサム酸に続く特許取得美白成分で、2003年に厚生省の承認を得ています。

4MSKは、慢性的なターンオーバーの乱れに着目して開発された成分ということもあり、メラニンの生成を抑制する作用はもちろん、メラニンの排出をスムーズにする作用が非常に高いことが特徴で角化を正常にするために働きます。

通常、紫外線などの影響でメラニンが生成されても肌のターンオーバーによって古い角質とともにメラニンは排出されていきますが、加齢によるターンオーバーの低下や、角化異常が起きていると、メラニンが上手に排出されずにシミとなって肌に残ってしまうことがあります。

実際に、シミのある肌というのは、健康的な肌に比べるとタンパク質の量が少ない状態になっており、それが肌のターンオーバーをスムーズに行うことが出来ない状態になっている(=メラニンが沈着してシミになる)といえるんだとか。

そうしたシミ部分の慢性的な角化異常を改善してメラニンの排出を促すのが4MSKの作用です。

メラニン生成を抑制する効果に加えて、メラニンの排出を促進する作用もあるため、シミを予防しながら今あるシミ(=色素沈着)のケアも同時にでき、透明感のある肌へと導いてくれます。

4MSKについて

4MSK配合の美白化粧品

・資生堂/HAKU
・資生堂/ホワイトルーセント
・IPSA/ホワイトプロセス(マスク・エッセンス)

Copyright © 2013 美白成分一覧~日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ!· All Rights Reserved·