トップページ > 美白成分一覧 >  アルブチン

アルブチン

アルブチンは、シミやくすみの原因になるメラニン色素に作用するチロシナーゼ酵素を阻害する作用でシミができるのを防いでくれる美白成分です。

ハイドロキノンとブドウ糖の結合方法の違いにより、「α型」と「β型」の2タイプがあります。

■ α-アルブチン・・・江崎グリコとスイスのペンタファームが共同開発、

α-アルブチンは、キュラメルで有名な江崎グリコが開発した独自の配糖化酵素により、ハイドロキノンにブドウ糖をα結合で転移させた物質です。メラニン色素に作用するチロシナーゼ酵素に働きかけることで、メラニン生成を阻害する作用があります。

■ β-アルブチン・・・資生堂開発

おなじみ資生堂が開発したウワウルシ、ツツジ科のハーブに含まれるフェノール配糖体の事です。一般的にアルブチンというとβ-アルブチンを指していることがが多く、美白化粧品によく使われるのはこのβ-アルブチンのほうが多いようです。

ただし、近年の研究により、一般的に美白成分「アルブチン」として使用されてきたβ-アルブチンよりもα-アルブチンのほうがおよそ10倍の美白効果(=メラニン生成抑制効果)を発揮することがわかり、今ではその扱いが逆転して、α-アルブチンをアルブチンとして呼ぶことが多くなっています。

このアルブチンですが、「α型」も「β型」もシミの漂白剤といわれるハイドロキノンの誘導体であるため、シミを消す効果も高そうですが、美白効果はあくまでシミの予防にとどまります。(ハイドロキノンと比べるとシミを還元する効果は1/10~1/100しかないようです。)

ただし、ハイドロキノンのように副作用として赤みがでたり、肌への刺激が強いといったことがなく、肌に優しく、刺激がほとんどない安定した美白成分ということで多くの美白化粧品の美白成分として配合されています。

アルブチンと相性のいい成分として一緒に配合されていることが多いのがビタミンCです。ビタミンCもメラニン生成を抑制する作用がある美白成分で一緒に使うことで相乗効果が期待できるんだとか。

そのためアルブチン配合の美白化粧品を選ぶならビタミンCが一緒に配合されているかどうか?という視点でみても絞り込みに役立つのではないでしょうか?

アルブチンについて

アルブチン配合の美白化粧品

・ロート製薬/白潤
・ちふれ/美白美容液W
・エクサージュ/エクサージュホワイトホワイトネスソリューションEX
・オルビス/エクセレント・ホワイトエッセンス
・富士フィルム/アスタリフト ホワイトニングローション

Copyright © 2013 美白成分一覧~日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ!· All Rights Reserved·