トップページ > 美白成分一覧 >  エラグ酸

エラグ酸

エラグ酸は、イチゴやザクロやラズベリーといったベリー類から抽出された成分であり、ポリフェノールの一種。非常に抗酸化力が強い美白成分です。

そのあまりの抗酸化力から活性酸素を除去する効果だけにとどまらず抗がん性を有しているのではないかと注目されている成分でもあり、美白成分としては、1996年にライオン(株)がエラグ酸を美白成分とした美白成分を発売したことで多くの人が知るところとなりました。

美白効果としては、アルブチン同様、メラニン色素に作用するチロシナーゼ酵素を阻害する作用があり、メラニンをつくらせないシミの予防に役立つ美白有効成分です。また、紫外線同様にメラニン生成を促進する原因となる活性酸素を防ぐ効果もあります。

エラグ酸のメラニン色素に作用するチロシナーゼ酵素を阻害する作用は同じ作用のあるアルブチンの100倍に相当するのでは?といわれることもあり、できたシミを薄くする還元作用もあると一部でいわれているように、その強力な美白効果には期待が集まっています。

しかし、残念ながら日本においては、エラグ酸の効果よりも副作用を恐れてか、化粧品に高濃度配合することができません。そのためシミを薄くする還元作用はもちろん、エラグ酸の強力な美白効果を実感できることはできないのが現状です。

エラグ酸について

エラグ酸配合の美白化粧品

・ランコム/ブランエクスペール ニューロホワイトX3セラム
・シュウウエムラ/ホワイトエフィシエントエッセンス

Copyright © 2013 美白成分一覧~日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ!· All Rights Reserved·