トップページ > 美白成分一覧 >  ハイドロキノン

ハイドロキノン

ハイドロキノンは、肌の漂白剤やシミの消しゴムといわれることもある強力な美白成分です。

もともとは写真の現像液などに使用されていた成分で、現像をする人の手が白くなったことから美白効果が注目されて、医療の現場で美白成分として利用されるようになりました。

日本においては長らく、医療機関でのみ使用可能なものでしたが、2001年の薬事法改正にともない化粧品への配合も認められるようになりました。(厚生省には有効成分として承認されていません。)

美白効果としては、

① メラニンを生成する酵素「チロシナーゼ」の働きを妨げ、メラニン生成を抑制する
② すでにあるメラニンを直接漂白して色を薄くする還元作用がある

というように、シミができないように予防する効果と、すでにできてしまったシミを漂白する効果の2つを併せ持っているのが最大の特徴になります。

①のメラニンの生成を抑制する作用については、同じような働きをする「アルブチン」、「コウジ酸」などがありますが、ハイドロキノンはアルブチンやコウジ酸と比べて約100倍ともいわれる美白効果があるといわれています。

②のメラニンを漂白して還元する作用については、紫外線によるシミ、ソバカス、炎症したニキビの跡に残る色素沈着、肝斑などメラニンが増殖して停滞したシミ全般に効果があります。

美容皮膚科などにおいては、軽度のシミであれば治療の一番手として処方されますし、重度のシミに対してもレーザー治療と組み合わせて外用薬として処方されることもあるなど、シミ治療においては中心的な美白成分になります。

注意点としては、非常に効果が高い反面、濃度にもよりますが、刺激が強く、思わぬ肌トラブルを引き起こすこともあるので、使用する際には注意が必要だということです。

事実、皮膚科で処方されるハイドロキノンは漂白作用が強く、シミに対する効果はかなり期待できますが濃度が高いため、肌への刺激も強く肌が弱い人には処方されず、かわりに油溶性天草エキスやコウジ酸が処方されることがあります。

また、ハイドロキノンを使用中は肌のメラニン生成力が極端に低下し、紫外線に対する肌の防御力が皆無となってしまうため、この状態で紫外線を浴びると肌に甚大なダメージを与えてしまうといわれています。

最後にハイドロキノンの効果と副作用を左右する濃度について解説しておきます。

基本的に化粧品に配合されている場合は、2%前後の濃度だと思います。これぐらいであれば肌にそれほど刺激なく使えますが、使いやすく反面、美白効果は弱くなります。

美容皮膚科ではシミの状態にもよりますが、5~10%の濃度で処方されることが多いです。5%を超えるとかなり刺激が強くなるので、効果は高くなるものの副作用のリスクも高くなります。この濃度のハイドロキノンを使う場合は、医師の指導が不可欠になります。

ハイドロキノンについて

ハイドロキノン配合の美白化粧品

・アンプルール/ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110
・オバジ/HQブライトニングナイトセラム
・エピステーム/HQブライトコンセントレイトa

Copyright © 2013 美白成分一覧~日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ!· All Rights Reserved·