トップページ > 美白成分一覧 >  カモミラET

カモミラET

カモミラETというのはキク科の植物でアロマオイルの原料としてもよく使用されているカミツレ(英語名はカモミール)から抽出した成分です。

花王が特許を取得した成分ということもあり、花王の美白化粧品シリーズである「ソフィーナ」等に配合されています。

カモミラETの美白効果は「シミをつくらせない」シミの予防効果にとどまりますが、その作用はチロシナーゼ酵素を抑制するというものではなくメラニン生成の指令を阻害して「紫外線の記憶をなかったことにする」というものです。

これはどういうことかというと、私たちの肌は紫外線による刺激を受けると、肌の防衛反応としてメラノサイトへメラニンを生成するよう指令が出されてメラノサイトが活性化し、メラニンが大量に生成されて、それが表皮細胞に受け渡されることで肌が黒くなります。(そしてこれはシミの原因にもなります。)

アルブチンやエラグ酸、コウジ酸といった他のシミをつくらせない予防効果のある美白成分は、メラノサイト内のチロシナーゼ酵素の働きを阻害して、メラニンを作らせないというアプローチをとりますが、カモミラETの場合、メラノサイトに対して「メラニンをつくれ!」と指令を出すエンドセリンという情報伝達物質の働きをブロックするというアプローチをします。

カモミラETの特許を取得している花王は、カモミラETを「浴びてしまった紫外線の記憶をなかったことにしてくれる、ただ1つの美白有効成分」と紹介していますがそれは、説明したように、メラニン生成の指令そのものをストップさせることで、シミやそばかすを防ぐことができるためです。

(同じようにメラニン生成の指令をだす情報伝達物質にアプローチする美白成分にトラネキサム酸(t-AMCHA)があります。)

またもうひとつ、カモミラETには優れた抗炎症作用(消炎作用)があります。

炎症によってもメラニンが生成されるというのは、肌を擦ったり、掻いたりした後の肌の黒ずみやゴシゴシ洗いの洗顔やクレンジング、まぶたのアイシャドーをコットンで擦って落としているうちに肌がくすんでくるということで経験している人もいるのではないかと思います。

こうした炎症によるメラニン生成もカモミラETの抗炎症作用により、皮膚の炎症が緩和、軽減されるのでメラニン生成を抑制するのに役立ちます。

安全性も高く、美白効果と抗炎症作用から安心して使用できるという評価を受けているカモミラETですが、植物性の成分にアレルギー反応を起こす人には刺激になってしまうので、事前のパッチテストは必須です。肌に合わないと思ったら使うのは控えるようにしましょう。

カモミラETについて

カモミラET配合の美白化粧品

・ソフィーナホワイトニング/美白美容液
・キュレル/潤浸美白ケア・美白美容液
・エスト/ホワイトニングクロスシナジー エッセンス
・アルブラン/薬用美白エッセンス

Copyright © 2013 美白成分一覧~日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ!· All Rights Reserved·