トップページ > 美白成分一覧 >  コウジ酸

コウジ酸

コウジ酸は、日本酒や味噌の醸造に使われるコウジを扱う職人達の手が白く綺麗な点に着目して開発された美白成分で、三省製薬が特許を取得した成分です。

日本酒や味噌、醤油の醸造に使用される発酵代謝成分から生まれた化粧品ブランドや有効成分は数多くありますが、コウジ酸もそのひとつだということです。

コウジ酸の美白効果は、メラニンの生成に関わるチロシナーゼ酵素の働きを抑制するというもので、チロシナーゼが働くのに必要な銅イオンを奪うことで、チロシナーゼ活性を阻害して働かせないようにして、メラニンの生成を抑えます。

美白成分としてのコウジ酸の歴史は波乱万丈で、1988年に厚生省から承認が下りてから、2003年に一度、発がん性を疑われて、使用・製造・販売が禁止されたことがあります。

2年後の2005年になって、追加試験の結果、発がん性は高い濃度で配合した場合に限られるもので医薬部外品の濃度で皮膚に塗布する場合は、危険性はないと安全性が証明されて、再び使用・製造・販売が再開されるようになったという経緯があります。

できてしまったシミを還元する作用もあるといわれており、実際に皮膚科などでシミの治療用にコウジ酸配合のクリームを処方してもらえることがあります。

ただし、販売中止になった経緯をみてもわかるように、高濃度のコウジ酸の取り扱いには注意が必要ですし、医薬部外品として化粧品に配合できる濃度は皮膚科で処方してもらえるものに比べてかなり低濃度であるためシミの還元効果は期待できないというのが実情です。

コウジ酸配合の美白化粧品を使う場合は、あくまでシミを予防するものとして使ったほうがよさそうです。

コウジ酸について

コウジ酸配合の美白化粧品

・コーセー/INFINITY(インフィニティ)シリーズ
・コーセー/コスメデコルテ 美白シリーズ
・コーセー/プレディア 美白シリーズ

Copyright © 2013 美白成分一覧~日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ!· All Rights Reserved·