トップページ > 美白成分一覧 >  マグノリグナン

マグノリグナン

マグノリグナンはモクレン科の植物の樹皮から抽出できるポリフェノール性二重体と呼ばれる成分の美白効果に着目して開発された美白成分で、カネボウ化粧品が特許を取得しています。

マグノリグナンの美白効果は、他の美白成分のようにメラニンを生成するチロシナーゼ酵素の活性を抑制するというものではなく、チロシナーゼ酵素の成熟を阻害するという作用でシミを予防してくれます。

(マグノリグナンにチロシナーゼ酵素の活性を抑制する作用はありません。)

「メラニン色素を合成するチロシナーゼの成熟を阻害する」というのはマグノリグナン独自の美白メカニズムであり、成熟を阻害されたチロシナーゼ酵素は分解されてなくなってしまうのでメラニンを生成することができなくなります。

そのためシミ、肝班、そばかす、ニキビ跡の色素沈着など、シミ全般に対して効果が期待できます。

こうした他の多くの美白成分と違う美白メカニズムを持つ美白成分を使うことで、いままでほとんど変化のなかったシミ・ソバカス、くすみが急激に改善するということはよくあることです。

例えば、肝斑治療には、普通、トラネキサム酸が有効だといわれていますが、あまり効果がなかったので、マグノリグナンに切り替えたところ肝斑が薄く、小さくなったという事例は臨床の現場ではよくあるようです。

刺激や感触だけでなく、どのようなメカニズムでシミの生成過程にアプローチすれば効果がでるのか?という点も美白成分と肌との相性というものがあるということなんです。

マグノリグナンは、植物由来の成分ということでなので、大きな副作用もなく、安全性の高い美白成分ではありますが、植物性成分に対してアレルギーをおこす人にとってはそのかぎりではありません。

マグノリグナンについて

マグノリグナン配合の美白化粧品

・カネボウ化粧品/ブランシールスペリア
・インプレス IC /ホワイトリターナジーa
・TWANY(トワニー)/WT αセラム

Copyright © 2013 美白成分一覧~日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ!· All Rights Reserved·