トップページ > 美白成分一覧 >  ロドデノール

ロドデノール

ロドデノールは白樺の樹脂に含まれている天然物質の美白効果に着目してカネボウが研究開発して、特許取得している美白効果です。2008年には厚生省から薬用美白成分としての承認を得ています。

美白効果としては、

① チロシナーゼ活性を阻害することでメラニンの生成を抑制する
② チロシナーゼタンパク質の分解を促進して量を減らす
③ 肌の色調への関与が大きい黒色メラニンの生成を優先的に抑制する

という3つの作用があります。

①の作用については、ポーラが開発したルシノールと似ていて、メラニンの原料となるアミノ酸のチロシンがチロシナーゼ酵素と結合する前にロドデノールがチロシナーゼ酵素と結合して反応させないように働きます。

②の作用については、リノール酸S(通称:リノレックS)と同様にメラニンの生成工場というべきメラノサイト内のチロシナーゼ酵素を分解して減らすことでメラニン自体を作らせないようにするというものです。

そして、③「黒色メラニンの生成を優先的に抑制する」がロドデノール独自の作用です。

メラニンには色が黒く目立つユウメラニンと、淡い色をしたフェオメラニンの2種類があり、肌の色の明暗に影響し、シミの色にも関係しているのはユウメラニンのほうなんだそうです。ロドデノールは、目立つシミ(=色素沈着)の原因になるユウメラニンを優先的に減少させる作用があるんです。

このようにシミの生成過程における複数のプロセスにアプローチできるというのがロドデノールの最大の魅力であり、これが他の美白成分と比べて非常に高いシミ予防の効果を示す根拠になっているといいます。(カネボウ談)

ロドデノールについて

ロドデノール配合の美白化粧品

・カネボウ/ブランシール スぺリア
・カネボウ/リサージホワイト シリーズ
・カネボウ/suisai 美白ライン

Copyright © 2013 美白成分一覧~日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ!· All Rights Reserved·