トップページ > 美白成分一覧 >  トラネキサム酸

トラネキサム酸

トラネキサム酸というのは、本来止血剤や抗炎剤として使われていたものですが、美白作用があることか明らかになり、今では肝斑に効く美白成分として有名になっています。

他の美白成分と違って、トラネキサム酸には皮膚科で処方される内服薬に代表される「飲むトラネキサム酸」、と塗り薬や化粧品のように外用で使うことの出来る「塗るトラネキサム酸」の2タイプがあるということです。

化粧品としては2002年に、資生堂が「m-トラネキサム酸」として美白有効成分の承認を受け、資生堂の美白化粧品に美白成分として配合していましたが、世間一般にトラネキサム酸が美白成分として知られるようになったのは第一三共ヘルスケアが肝斑の内服薬としてトラネキサム酸を配合した「トランシーノ」をCMでPRした影響が大きいです。

シミにはレーザー治療が有効といわれますが、肝斑にかんしてはむしろレーザーは逆効果で余計に悪化させてしまうものです。肝斑は皮膚深部に『炎症』を伴って出来ている色素斑なので、炎症を助長するレーザーは治療には使えないんです。

そんな肝斑に活躍してくれるのがトラネキサム酸で、美白効果もさることながら、抗炎作用もあるのでシミ部分の炎症を和らげて肝斑を緩和してくれるというわけなんです。

他にも肝斑は黄体ホルモンの影響でメラノサイト活性化因子の一つである「プラスミン」が活性化してしまう可能性が指摘されていますが、トラネキサム酸は「抗プラスミン作用」があるため、肝斑の予防と改善に効果があるでは?いわれています。

肝斑専用というイメージもあるトラネキサム酸ですが、普通のシミにも効果はあります。

具体的な美白効果(=シミを作らせない予防効果)としては、紫外線の刺激を受けるとメラノサイトにメラニンを生成するように指令を下す情報伝達物質のプロスタグランジンの働きをブロックします。つまり、メラニン生成の指令そのものをストップさせることで、シミを防いでくれるわけです。

(カモミラETと同様の美白作用があるということです。)

また、抗炎作用があるということで炎症後の色素沈着にもよく効くといわれています。

「飲むトラネキサム酸」と「塗るトラネキサム酸」の違いですが、基本的に肝斑に対しては両者を併用して治療にあたることとがほとんどですが、普通のシミやニキビ跡に対しては「塗るトラネキサム酸」だけで対処することが多いような気がします。

「飲むトラネキサム酸」についてですが、薬剤師がいる薬局で購入できるのが「トランシーノ」で、皮膚科で処方してもらえるのが「トランサミン」というものです。肝斑の治療は一部保険が適応されるようなので、適応されればかなり安く治療ができます。

化粧品に配合されているトラネキサム酸については副作用等の心配はいりませんが、内服するものは、止血剤としての作用が血液・血管系の病気に影響することがあるので注意が必要です。

トラネキサム酸について

トラネキサム酸配合の美白化粧品

・資生堂/HAKU
・資生堂/アクアレーベル
・資生堂/エリクシールホワイト
・第一三共ヘルスケア/トランシーノ薬用ホワイトニングシリーズ

Copyright © 2013 美白成分一覧~日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ!· All Rights Reserved·