トップページ > 美白成分一覧 >  ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、ビタミンCを肌に吸収しやすい形に変えた美白成分です。

「美白ビタミン」といわれるほど、ビタミンCは美白には不可欠な成分ですが、空気に触れると酸化してしまったり、水に溶かすと活性を失ったり、肌にも吸収されにくいという特徴があり、化粧品にそのままの形で配合するのが難しい成分です。

そんなビタミンCをなんとか化粧品に配合できるようにと試行錯誤を重ね、改良されたものがビタミンC誘導体であり、今や最も数多くの美白成分に配合されるポピュラーな美白成分になりました。

ビタミンC誘導体の美白効果としては、抗酸化力が高く、シミの原因にもなる活性酸素の発生を抑制してくれることをはじめ、チロシナーゼ酵素の働きを抑える作用、黒くなったメラニンの色を薄くする作用も期待できます。

紫外線によるシミはもちろん、ニキビ跡のシミや赤みにも有効ですし、美白効果だけでなく、毛穴の引き締めや皮脂の抑制、コラーゲンの生成をサポートすることによる肌のハリ・弾力アップなどの効果も期待できますから、美肌・アンチエイジングには欠かすことのできない成分です。

色々な形でスキンケア化粧品に配合されていますが、クリームよりも水に配合したほうが安定しやすいため化粧水で使うのがおすすめです。「リン酸アスコルビル」「パルミチン酸アスコルビルリン酸3na(APPS)と表示があるビタミンC誘導体入りの化粧水は浸透力が高く有効です。

以前は、ビタミンC誘導体の化粧品への配合は2%以下と決められていましたが、2001年以降、制限が撤廃されて無制限になったことで高濃度のビタミンC誘導体入りの化粧品も購入できるようになっています。

高濃度であるほど、効果は高くなりますが、10%を超える濃度になるとピリピリ感や乾燥を覚えるようになるので、自宅で使う分には、5%以下で浸透力が高いものを使ったほうがトラブルなく使えると思います。

なお、ビタミンCの美白・美肌効果を最大限に得ようと思ったら美容皮膚科で「高濃度ビタミンCイオン導入」を施術してもらうのが一番です。施術前と施術後ではおどろくほど肌に違いがでるそうですよ。

ビタミンC誘導体について

ビタミンC誘導体配合の美白化粧品

・サイクルプラス /エンリッチ ローション
・TUNEMAKERS(チューンメーカーズ) /VC-3 ビタミンC誘導体配合エッセンス
・ロート製薬/オバジC
・ビーグレン/C serum
・CELLA(セラ) / VCローション
・トゥヴェール /プレミアムホワイトパウダー
・Dr.IKENO / VCローション

Copyright © 2013 美白成分一覧~日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ!· All Rights Reserved·